遺言書の作成に関するご相談はDuel(デュエル)パートナー法律事務所(旧 正野嘉人法律事務所)(東京都/中央区)。

電話番号 : 03 - 6262 - 9980

電話相談料:最初の5分程度のみ無料。それ以降は面談をご予約下さい。
面談相談料:30分5,400円。但し、受任した場合は、相談料は頂きません。

受任した場合は着手金、報酬共に分割払可能。

お問い合わせ
Duel(デュエル)パートナー法律事務所

【安価な簡易顧問弁護士制度のご案内】

法人・団体→1カ月1万円(消費税別)で月3回(1回1時間)まで相談可
※先着10社まで

個人→1カ月1,000円(消費税別)で月2回(1回30分)まで相談可
※先着20名まで

遺言書の作成

Duel(デュエル)パートナー法律事務所(旧 正野嘉人法律事務所)(東京都/中央区)では遺言書の作成に関するお悩みに対応しております。

遺言書の作成

〜確実に執行される遺言書の作成をサポート〜
残されたご家族の無用な相続トラブルを回避するために、「遺言書の作成」はとても有効でございます。
ですが、ただ遺言書を書いたからといって万全な相続対策が出来たわけではありません。
遺言書には、
①自筆証書遺言
②公正証書遺言
③秘密証書遺言
の3種類が法律で定められており、それぞれの方式に沿ったやり方で行なわなければ、「無効」となってしまいます。
ここでは、遺言書の種類とその特徴についてご説明致します。

①自筆証書遺言
最も簡単な遺言書の方式で、費用をかけずに比較的簡単に作成することができます。
メリット:
・証人も不要ですので、作成形式やその記載内容について他人に対し「秘密」にできる。
デメリット:
・法律の定めに違反していたり、内容があいまいな場合は、遺言が無効になる場合がある。
・遺言書は自分で保管するため、「紛失のリスク」や「発見者に遺言書の存在を隠されたりするリスク」などがあり、かえって相続トラブルにつながるケースもある。
・相続時に、各種書類を取り揃えた上で相続人または代理人が家庭裁判所に出頭し、必ず「検認」を受けなければならず、処理に手間がかかる。

②公正証書遺言
公証人が遺言者から遺言の内容を直接聞き取って、公証人が遺言書を作成する方式です。
メリット:
・遺言が無効になったり、偽造されたりする事がない。
・相続開始の際に、家庭裁判所の「検認」が不要。
・原本を公証人役場で保管するため、控えを紛失しても再発行が可能。
デメリット:
・公証人役場の手数料と、作成の際の証人が必要。

※なお、公証人は、裁判官、検察官等の法律実務に携わってきた正確な法律知識と豊富な経験を有している法律の専門家なので、複雑な遺言内容であっても、法律的に見てきちんと整理した内容の遺言が作成できるよう助言してくれますので安心できます。
公正証書遺言は、方式の不備等で遺言が無効になるおそれも全くないため、他の遺言と比べて、安全確実な遺言方法であるといえます。

③秘密証書遺言
「内容」を秘密にしたまま「存在」のみを証明してもらう遺言のことです。自己の管理のもとで作成した遺言書を公証役場へ持ち込み、『これは遺言に間違いない』と公証人が公証(お墨付きをもらうこと)するものです。
作成手順:
その1:遺言者が、遺言の内容を記載した書面(ワープロ等を用いても、第三者が筆記したものでも構いません。※この点が自筆証書遺言と異なります)に署名押印をし、遺言書に押印した印章と同じ印章で封印した上、公証人及び証人2人の前にその封書を提出し、自己の遺言書である旨及びその筆者の氏名及び住所を申述します。

その2:公証人が、その封紙上に日付及び遺言者の申述を記載した後、遺言者及び証人2人と共にその封紙に署名押印することにより作成されます。
メリット:
・その遺言書が間違いなく遺言者本人のものであることを明確にでき、かつ、遺言の内容を誰にも明らかにせず「秘密」にすることができる。
デメリット:
・遺言書の内容に法律的な不備があったり、紛争の種になる内容の記載があった際に無効となってしまう危険性がある。
・自筆証書遺言と同じように、この遺言書を発見した者が、家庭裁判所に届け出て、「検認」手続を受けなければならない。

参考になる判例:
遺言無効確認訴訟(最判昭和47年2月15日)
<事実の概要>
 被相続人であるAは①金2万円を相続人Y1に、②不動産等は「相続人」に相続させるとの遺言を残して死。
 この遺言の「相続人」が誰であるかが不明確であるとして、相続人であるXらは同じく相続人であるYらを相手に遺言無効確認の訴えを提起。Yらは過去の法律行為の無効確認は訴えの利益を欠くと主張しました。
第一審はXらの訴えを却下し、第二審もこれを維持。そこでXらが上告。

<判旨>
破棄差戻し
遺言無効確認の訴えは、形式上過去の法律行為の確認を求めることとなるが、請求の趣旨がかかる形式をとっていても、遺言が有効であるとすれば、それから生ずべき現在の特定の法律関係が存在しないことの確認を求めるものと解される場合で、原告がかかる確認を求めるにつき法律上の利益を有するときは、適法として許容されうるものと解するのが相当である。けだし、そのような場合には、請求の趣旨を、あえて遺言から生ずべき現在の個別的法律関係に還元して表現するまでもなく、いかなる権利関係につき審理判断するかについて明確さを欠くことはなく、また、判決において、端的に、当事者の紛争の直接的な対象である基本的法律行為たる遺言の無効の当否を判断することによって、確認訴訟のもつ紛争解決機能が果たされることが明らかだからである。

Duel(デュエル)パートナー法律事務所が提供する事例・相談内容

  • 後遺症

    後遺症
    後遺症慰謝料とは、交通事故で後遺障害が残ったことに対する慰謝料で、原則として、自賠責...
  • 遺留分請求

    遺留分請求
    遺留分とは、法定相続人が最低限相続できる権利です。
  • 婚姻を継続し難い事由

    婚姻を継続し難い事由
    夫婦関係が破綻してその復元の見込みがない場合には、民法770条1項の1号~4号には該...
  • 遺産分割協議

    遺産分割協議
    遺産分割協議について、民法では「遺産に属する物または権利の種類及び性質、各相続人の年...
  • 事故証明

    事故証明
    交通事故が発生した際は、警察に事故の届出をする必要があります。
  • 運行供用者

    運行供用者
    自動車損害賠償保障法3条は、交通事故(人身損害に限る)が発生した場合に、 損害を賠償...
  • 離婚の種類

    離婚の種類
    離婚問題は、人それぞれさまざまな事情がありますが、どのような解決方法があるのかを事前...
  • 離婚協議書

    離婚協議書
    離婚協議書とは、協議離婚時の取り決め事項をしっかりと書面に残し、後々にもめることがな...
  • 雇用契約書

    雇用契約書
    雇用契約書とは、雇用主と使用者との間で労働条件を明確にするために交わす契約書をいいます。

Duel(デュエル)パートナー法律事務所に寄せられる「遺言書の作成」関連の法律トラブル・ご相談事例

遺言書の作成に関するお悩みに対応しております。|Duel(デュエル)パートナー法律事務所(旧 正野嘉人法律事務所)(東京都/中央区)
遺言書の作成等の相続相談はお任せください。|Duel(デュエル)パートナー法律事務所(旧 正野嘉人法律事務所)(東京都/中央区)